今月はネット・ビジネスとレンタルのお話です。レンタカーや貸別荘などは前から
あるサービスです。ところが最近はネットの発達に伴って、次々に新しいレンタル
サービスが登場しています。BtoC(Business to Consumer)では米国のZipcarに
代表されるカーシェアリング、日本でもタイムズ24でインターネットから簡単に
予約して利用できます。

更にパーティー・ドレス一式などをネット予約すると、自宅まで配達してくれて用が
済むと引き取ってくれます。電化製品も同様で、新製品の使い勝手を確かめるために
短期間利用するユーザーもいるそうです。モノを所有する文化から、モノを借りる
文化が一般的になりつつあります。

そんな中、BtoCからPtoP(Peer to Peer)で個人のモノを個人に貸す動きが注目
されています。米国のGetaroundは個人が所有していて使わない車を個人に貸すカー
シェアリングです。またAirbnb(エアビーアンドビー)は個人が所有する空き部屋を
短期間で貸したい人と、旅行などで宿泊地を借りたい人をネットでマッチングする
サービスで、日本を含む世界中で利用者が増えつつあります。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックで多くの外国人が来日したときに、
ホテルの客室不足をカバーする手段の一つとして期待されています。

翻って人材業界を見ると、ネットで翻訳を募集するとあらゆる分野で様々な言語に
訳してくれるサービスが台頭しつつあります。在宅の翻訳家に加え、企業を退職して
海外で暮らす専門家、家族の海外赴任に帯同している主婦、海外で日本語を勉強して
いる学生など、世界のどこかにいる優秀な人材がとてもリーズナブルな金額で対応
してくれます。企業外の専門知識を気軽にネットでレンタルする時代も遠くない
かもしれません。

Getaround : https://www.getaround.com/
Airbnb : www.airbnb.jp/