今月は改正労働者派遣法についてのお話です。9月11日に労働者派遣法の改正案が
可決成立しました。この法律は9月30日から施行されます。主な変更点は専門業務
区分を廃止し、業務に関係なく派遣期間が原則3年になります。もし企業がその気に
なれば、3年ごとに派遣労働者を入れ替えて、事実上派遣を使い続けることが可能に
なります。

これまで派遣社員は同じ職場で働ける期間が最長3年でした。但し秘書や財務処理、
ソフトウェア開発など26の専門業務はこの制限がありませんでした。今回の改正で
専門26区分が廃止され、これらの業務の派遣労働者も雇い止めが続出する可能性が
あり、不安定な派遣労働を広げることになるとの心配も出ています。

ちなみにすべての派遣社員が同じ扱いになる訳ではありません。派遣元との契約に
よって違います。もし派遣社員が派遣元との間で正社員など無期契約がある場合は
引き続き同じ職場同じ業種で3年以上働けます。ところが派遣元と1年や2年など
有期契約の場合は3年が上限で辞めなければなりません。

3年が経過すると派遣元は派遣先で社員を直接雇用してもらうように依頼する事が
義務付けられます。但し雇用するかどうかは派遣先の任意です。もし断った場合は
後に正社員募集をするとき、元派遣社員へ募集の情報提供を義務付けられますが、
これも採用は任意です。今後は派遣業界で無期契約社員をかかえる余裕が無いような
派遣会社が淘汰される時代が来るかもしれませんね。

厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/